漢方で40代女性の腎機能改善を願う!

 今日は夏本番で久しぶりの晴れで暑いです!

 写真の通り、今朝NHKのニュース番組を見ました。iPS細胞、遺伝子治療による先端医療の治療費についての報道です。

 一つの難病の治療薬は数千万円~数億円だそうで…患者さんに対して治療できることは幸運ですが、問題はやはり治療費用です。保険を使わなければ殆ど出来ないでしょう。

 しかし、実は殆どの難病は漢方医学では“難病”ではなく、その殆どに治療効果があります。例えば今まで私の日本で二十数年の漢方医療経験からいうと、脳の難病のパーキンソン病をはじめ網膜色素変性症、黄斑変性症、突発性難聴、間質性肺炎、肺繊維症、肺気腫、拡張系心筋症、肥大系心筋症、脊髄空洞症、自己免疫性肝炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、重症筋無力症、IgA腎症、突発性血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血など今、軽く思い出した以外でもまだまだありますが、完治の例もあるし症状改善や検査結果が良くなった症例もあり、一切効果がない例はありません。

 今日の一人の腎臓の難病の40代女性は、当薬局の漢方で腎機能改善などを期待しています。もちろん、十分に可能性があります!漢方薬と優しく素晴らしいご主人の愛を合わせれば奇跡が十二分に起きることができるでしょう。改善したら是非、このブログで吉報をお届けできることを、今から心待ちにしています!

 ところで昨日、名刺の印刷屋さんや広告会社から私の「似顔絵が欲しいので手配しますか?」と言われましたが、、、29年前の来日したての時に東京のサンシャインで描いてもらった似顔絵を思い出したので使えるかどうか携帯で撮って送りました。せっかくなのでここでも公開します!

 皆さん!見ると似ているかどうかは別として絶対に間違いなく痩せすぎに見えるでしょう笑(スタッフからは「あぁ、やっぱ今より若いなぃ!頬こけでっこどぉ」と言われました)。

 あるいは中国で食料不足で栄養失調により栄養豊富な日本に逃げてきたかな、と思われるでしょう。事実は…私は子供の時から腸が弱く、何でも食べるとすぐ下痢をしていて、一日10回以上の時もありました。しかし血便はないので「過敏性腸症候群かな」と自己診断しています。ちなみに日本に来たら薬も何もなく、和食の治療法で本当に完治しました!したがって私には日本が合う!身体の中から日本が大好き!!

投稿カレンダー
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ