昨年51日間、熱中症点滴をした60代女性は漢方で6/29まで0回!

 先週土曜日も今日も良くなった患者さんが多かったですが、できるだけ短く書きます。

 まず先々週の土曜日に飯坂温泉の公園でばったり会った70代女性は娘さんと半年ぶりの検査結果を持って来局し、心電図は正常、超音波検査で血液の逆流は少しありますが心臓の大きさも半年前と同じく小さくなったまま(今年1/11のブログに記)、不整脈や息切れもないので「普通の生活に一切心配はない」と主治医から言われました。

 この女性は昨年8月に心臓弁膜症、血液逆流、心臓肥大と診断されたが薬の治療はなく、半年に1回検査だけで心配でしたが娘さんは昔、流産で私の漢方薬を服用して無事に元気な子供を生まれたことがあり、娘さんの勧めで昨年10月末から心臓を強める漢方薬を服用開始しました。今では本人と娘さだけではなく、中学生の孫さんも喜んでいます(孫さんから「おばあさんは笑顔になった、太った、元気になった」と言われたそうです)

 

 今年5/30から体力と胃腸機能を高める漢方薬を服用している(15年前から毎年5月末か6月から熱中症で連続通院点滴、昨年5月末からは連続51日点滴の最高記録)60代女性は、1か月ぶり笑顔で来局しました。話しよると6/29まで熱中症も点滴もしなかったそうです。今まで胃腸が弱くて痩せすぎで体力もなかったのは、この女性の熱中症の原因だと思います。この女性から「初めて漢方煎じ薬を服用しましたが、本当に効く効果が不思議です!」と喜んで言われました。

 今日も良くなって喜んでいる方が多かったですが省略します(例えば5/25から漢方薬を服用している3年前のコロナ感染後の咳と不整脈の20代男性の症状は順調に改善中で慢性腎不全などの80代の祖母に漢方薬を勧めて一緒に来局しました)。

 

 休みの日曜と月曜日は森林浴、森林食をしました。

 写真の通り福島市内の更地で莫大な馬歯見(バシケン)を発見。「金鉱」の発見のように興奮し収穫しました。収穫量は夕食の1品料理の1週間分かな。発見の方法は視力ではなく、絶対に経験だと思います。

 

 昨日の昼食は自然の中で純自然食、純果物!枇杷も杏子もトマトも胡瓜も美味しかったです。

 今年、初めて桃を食べましたが味はまだ早いかな、と思いました。

投稿カレンダー
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ