漢方でチック症の兄弟の症状が著しく改善、成長!

 今日の雨雪の悪天候の中でも沢山の方々が来局してくれました。

 2月の講演会に参加してくれた肝機能異常、高血圧の50代女性、網膜色素変性症の70代女性、突発性難聴の70代女性、血尿の40代女性などなど。

 写真の通り、漢方でチック症の中学生と小学生の兄弟が久しぶりにお母さんと来局しました。

 お兄さんは凄く身長が伸び、痩せすぎていた体も太りました(お母さんの話によると食事の量が増え、時々4食だそうですが、確か昨年末から消化機能を高める生薬を入れています)。以前のブログにも書いた事がありますが漢方薬を服用前は小児科の治療を数年前ほど受けていましたがチックの症状がどんどん悪化して、全身の痙攣で食事もトイレもできない、通学も困難な状態でした。昨年6月から肝臓と脾臓を強める漢方薬を服用して、症状が著しく改善し、秋の修学旅行も新幹線で行き無事に進学、4月からは高校生になります。

 弟さんはチックの症状が軽く、病院の治療はせずに少量の漢方薬を服用していましたが共に著しくチックの症状が改善しています。今日は私の前に1時間以上いましたがチックの症状は全然見られませんでした。少なくとも9割以上は改善されたかなと思います。

 お母さんから「漢方薬を服用前に長男はあんなに酷い症状で生活できるか将来に大変不安で心配していましたが安心しました」と言われ、今日は喜んで私と記念写真を撮りました。正面の笑顔、素敵な顔写真は非公開ですが私と親子三人だけ永遠に記念とします(ちなみに20代から血尿のお母さんも昨年9月から漢方薬を服用して、初めて尿潜血がマイナスになりました)。親子三人は今、漢方薬を減量して1か月分の漢方薬を2~3ヶ月かけて服用しています。

 

 休みの日曜日と月曜日の事を簡単に書きます。

★問題の紅麹はカビが入っているらしい。

★福島の南に行き写真の通り、ふきのとうが大きく花満開でした。そして初めて赤い花を発見!

★写真の通り、甲骨文1文字を解明、奨励金10万人民元(約200万円)はやっと14億中国人の一人が1文字を解明しました。この1文字は「蠢(うごめく)」です。

意味は皆さん、自分で調べてみてください笑

投稿カレンダー
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ