起立性調節障害が改善し、新生活をスタートたせた女子高生物語

 今日の天気もとても良く、暖かくて夏か?まだ春か?と思うくらいです!

 患者さんについて、久しぶりに会う方が多かったです。

 10代の女学生と40代のお父さん、50代の女性と20代の娘さん、70代の女性と大学生のお孫さん、などなど。

 やはりきちんと服用を続けている多数の方は良くなったり、その後は漢方薬を減らしたり長く飲んだり、時々漢方薬を服用したりしています。それでも体調が良い、検査結果も良い状態が続いています。

 しかし、春の季節の変化や新年度の転職、転勤、進学、入学などの新環境、新生活の変化の影響で症状が悪化、または新しい症状が出た方などは、また来て漢方薬を服用してくれます。

 いずれの方も皆さん漢方の「力」に感謝してくれるのは大変嬉しいことです。

 例えば、珍しい親子(母娘ではなく父娘)の娘さんは小学生の時から動悸、頭痛、生理痛、朝起きられない等の症状があり、昨年2月から悪化し病院を転々として、西洋薬もエキス漢方薬でも良くならず、登校時間が遅くなり、学校を半日か1日休んでいました。

 同じ起立性調節障害の友人の紹介で昨年7月から煎じ漢方薬を服用して、約1ケ月後には動悸、頭痛、腹痛、不眠、息切れ、不整脈、眩暈、難聴、立ちくらみ、朝起きられないなどの症状が8割くらい改善、8月末からの新学期に毎日登校できるようになりました。しかも無事に中学校卒業、受験合格まで一日だけ学校(生理痛が酷くて)を休み、今本人は以前の起立性調節障害の症状が一切なくて、ニキビとニキビ跡を改善する漢方薬を服用しています。

 今年1月13日には腰痛、高尿酸、家系にガンが多く、タバコとお酒は毎日多いお父さんを連れて来局してくれました。肝臓・腎臓を強くする漢方薬を服用するだけではなく、「タバコとお酒を両方辞めるか、どちらか辞めるかにしてください」と“説教”したら、タバコとライターを娘さんに渡し、今日までタバコ一本も吸っていない、とのこと。素晴らしい!しかも腰痛も改善、夜のトイレは毎日2回から0~1回まで改善しています。

 ところで今朝は6時に家を出発し、7時に福島市内の川公園のごみ拾いボランティア活動に参加しました。

 写真の通り、ゴミを拾いながら花見をして、野生のワサビの若い葉を少し採ったので夜に天ぷらにして食べながらワサビの薬用について勉強をする予定です。

ワサビは今年の第二の自然の味です(第1の味は3月23日のブログに書いた蕗の薹)!これから第3,4,5の自然の味も楽しみにしています!

皆さん、良い週末、楽しい週末を!

投稿カレンダー
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ