正月明けの活動報告と今、思う事

 予定通り、今朝一番に急いでドキドキ・ワクワクしながら土曜日のブログに書いた(昨年12/15から治療法がなく退院させたが少しの水しか飲めない)94才女性と、脳動脈瘤の40代男性に電話をしました。

 嬉しい事は、二人ともに漢方薬を飲めています!当然、効果は未だです。

 残念なことは94才の女性の娘さんによると退院後に施設に入ったので土曜日と今朝、漢方薬を施設に持っていて少しずつ飲めているみたいですが、施設の中でコロナの感染拡大しているらしく明日から完全面会禁止となり、もう漢方薬を届けることは出来ないらしいです。とても悔しい、悔しい。。。

 今日の患者さんについて、正月連休明けの先週金・土は来局者が多かったのですが、今日は違って遠方の方の発送が多かったです。

 私の二連休について、日曜日は福島の友人たちへの新年の挨拶回りをしました。その中の一人は以前もブログに書いた福島初の霊芝(レイシ)栽培の友人の自宅で、お母さんや妹さん皆さんに温かく歓迎されました。

 昨日は一日、家に引きこもり写真の通り昨年書いた書に落款をして完成させました。

 書の説明については表装して出来上がる10日後位してからにします!でも、中国の漢字でなんとなく意味が分かるでしょう。(書の半切の練習した書は友人の妹さんにいただいた3種類の紙です。和紙はとても使いやすく、ヘタな字も上手に見えるようになりました笑)。

 大事なことは、石川県の震災のことです。

亡くなった方のご冥福を祈ると同時に、心から一日も早い復旧を祈ります! 12年前の東日本大震災の避難者として、この寒さの中の避難者の温かい布団や料理、風呂に一日でも早く入ってほしいです。なぜ、もう1週間以上経つのに岸田総理大臣は震災地に入っていない?他の人にとっては現地に入るのが迷惑かと思いますが…一刻も早く現地に足を運んで現実を目の当たりにしてほしいです。

投稿カレンダー
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ