干支、カビ、皮膚、目、脳!

 週末は忙しくてブログを書けず、久しぶりな感じがします。

 まず写真の通り、日曜と月曜の休みを利用して来年の干支の書を書きました。何を書いたか答えは最後に書きます!ちなみに二枚書いて、一枚は道の駅ふくしま、と薬局の前に正月用として飾る予定です。できればもう一枚書いて、縁のある二本松市内の施設にも贈呈したいです。私の書を携帯の待ち受けにしている方もいます。

 12/1からストーブをつけ、それに合わせてこの熱を利用して冬~春までの私の漢方薬を作り、服用開始しました。苦いですが、効果を感じています。身体が温まり元気になって痰が減りました(スタッフからも「痰、少ねぇなぃ」と福島弁でたぶん言われました)。さらに、ストーブの熱でお湯を沸かして足湯を毎日しています!☆一石三鳥☆家にストーブがある方は少なくともお湯を沸かして足湯をしてください。冬の養生の一つです!

 

 患者さんについて、やはり家族ぐるみの方が多かったです。

★両手湿疹の50代女性は、いつも80代のお母さんのガン手術後の漢方薬を一緒に持って帰ります。本人の両手の皮膚はキレイになり、11月末のお母さんのCT検査ではガンの再発・転移は一切ありませんでした。今日はお母さんから「少しでも白髪が減って黒髪が増えてほしい。漢方薬を考慮してください」と伝言があり、もちろんご希望通り黒い生薬で血流を良くする漢方薬も調整しました。

★もう一人の県内の婦人科と皮膚科の病気で服用している40代女性は、来年4月の婦人科の検査で良くなることを期待しています!糖尿病と皮膚病のご両親も服用してくれています。

★その他に、狭心症の疑いで心臓がドキドキしている60代女性は娘さん、息子さん、お孫さんも服用中、などなど。。

 良くなった方も沢山いました。

★6月から漢方薬を服用している乾癬、糖尿病、腰痛、視力低下、脳梗塞の40代男性は、四ヶ月間の漢方服用で大変良くなっています。

 昨年7月の脳梗塞の脳血管の詰まりは、今年9月の検査で100%とれました。また、両足の乾癬もキレイになり(9月と今日の写真がありますが、一番酷かった6月の写真が見付からず、あまり説得力がないので掲載は見送ります)、いつもパソコンの仕事で漢方服用前に四時過ぎると眼鏡をかけても画面がボヤケて見えていましたが、今日の本人によると、夜の残業が遅くなってもハッキリと見えるようになり、と言いながら私の前で眼鏡をとって.壁のカレンダーの数字や文字をハッキリ見えると言いました。さらに、肝機能が良くなり、体重は95㎏から90㎏にまで痩せ、大変喜んでいます。

★同じく6月から黄斑出血で服用している40代女性は、昨日の医大での検査で黄斑の出血部分が閉じ、少し盛り上がっている程度にまで回復していました。教授に「もう大丈夫だと思うけど一応、半年後に検査を入れておこうね」と言われたそうです。視力も少し良くなっていたので「ここの漢方を飲んでいるんです」と言いながら当薬局のパンフレットを渡したら「これで良くなるんだぁ」と感心している様子だったとメールが来ました。

 ヤバイ・悔しいことがあり、写真の通り26日に手に入った甘いザクロは大事に大事にし過ぎて毎日少しずつ食べていた途端にカビが生えました。何故?甘すぎか、カビも甘いザクロが好きなのか。。。カビひどい!!昨日、家の外に出したので寒くて凍死するまで外に干します!

 最後に昨日描いた干支の書の回答をします。

 来年の干支の『竜』と福島の『福』の二文字です!竜の年になると福はいっぱい来る、との願い・祈りを込めています。完成し表装した絵は28日の今年最後のブログで公開します!お楽しみに☆彡

投稿カレンダー
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ