二週間の漢方服用で20代女性の不眠症が大きく改善!

 今朝は7時に出掛けてドライブに行きました。土曜日は渋滞がなく車や人が少ないので、今では20~30年前からの習慣となっています。

 写真の通り、今日はまず福島の名称である文知摺観音(もちずりかんのん)に行き、その後は知人農家の姫リンゴを採りに行きました。今年は訪問が遅すぎ…1/3が落ち、1/3が枯れていました。したがって収穫量は昨年より少ないですが、味はいつも通りとても美味しかったです。しかし心配なのは昨年元気だったおじいちゃんは、家に声をかけても空き家のようで会えませんでした。自由に収穫をして良い許可を得ていますが、やはりきちんと挨拶をしたかったので大変心配です。

 

 患者さんについて、一番嬉しい良くなった方の一例は20代女性です。

 2~3年前から頭痛、眩暈、不眠、朝起きられない、日中の元気がない、疲れ、怠い、寝付きに1~2時間かかる、中途覚醒2~3回で2年前から3~4カ所の病院を転々とし薬を服用しても良くならなかった症状が、10/28から夜に安心・安眠、昼は気血を強くする漢方を服用し、今日は二週間ぶりに来局しました。

 本人に「漢方の効果を感じますか?」と聞いたら、なんと一日目から睡眠が良くなり朝まで目が覚めず、8時間の熟睡ができるようになったそうです。寝付きがたまに悪い時は30分位で眠れるそうですが、眩暈、頭痛、疲れ、怠さも7割以上、良くなっています(しかしストレスがある時は未だ頭痛が酷いそうです)。

 今日は大変喜んで青州堂漢方薬局の漢方効果に感激している様子だったので、写真の通り記念撮影をしてくれました。

 

 今日は風が大変強いですが、昼休みに例の立体駐車場の屋上に裸足で行きました。やはり太陽が当たっているところは温かく、日影はとても冷たかったです(スタッフには「当だり前だべした」と福島弁で更に冷たく真冬の様に言われました)。

 裸足で歩きながら「そろそろ一年が終わり年末が近いなぁ。間もなく世の中の一文字も発表されるけど何の文字かなぁ。今年の年末、最終回のブログには私の一年間の一文字、一番嬉しい事、一番悲しい事、一番成功したこと、一番失敗したこと、、、を書こう!」と思いました。

投稿カレンダー
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ